◇珍獣屋ってなんだ?!なんなんだ!?
 
2014-11-30-20-05-12

横浜、桜木町駅の近くにある珍獣屋ではなかなか普段食べることができない「ワニの肉」「ヘビの肉」を食べることができる。
他にも、ウーパールーパーやカエルなど奇妙奇天烈な食材も扱っており、ゲテモノ料理好きという一際マニアックなジャンルの人間達の中ではかなりの人気の名店だ。
あまりの人気さに連日予約で一杯でようやく行くことができたので今回はこの珍獣屋を紹介しようと思う。

桜木町駅から徒歩5分、珍獣屋は野毛の繁華街の中にある。


2014-11-30-19-07-45
△外に出てる看板。見つけにくいので注意して探してください。


2014-11-30-19-08-57
△ビルに入るとすぐに見えるメニュー表。

見た目は普通なんだけど書かれている内容が・・・ 
ワニ皮のポン酢
カンガルーのガーリック焼き
人食いザメの唐揚げ
まである。

スピルバーグ監督の映画であれだけ人を食ってきた人喰ザメもこのお店では食われる立場だ。



◇珍獣屋の店内は意外や意外!オシャレな内装だった。


2014-11-30-19-18-36
△店内の様子

「珍獣屋でゲテモノ」と聞くとお店自体が異様な雰囲気を漂わせている怪しいお店だと思ってしまう
しかし、珍獣屋の内装はいたって普通のBAR。というかどちらかというとオシャレなBARなのだ。

マスターがシェイカーを振っていてもおかしくない雰囲気。
しかしここでマスターが手に持っているのはタガメやらイナゴやらウーパールーパーやらというのがこのお店のすごいところだ。


2014-11-30-19-12-06
△こちらがメニュー表。


2014-11-30-19-13-05

こちらのメニューもぱっと見は頑固者の大将がやっていそうな居酒屋のそれに見えるのだが、
やはり書いてある内容が他とは違う。
イモリ、ひよこ、ピラニアというペットショップでよく見られる動物たちだ。



◇意外と淡白なワニの肉。

お店でまず注文したのは成人ワニの手一本揚げ!
ワニというと子供の頃どうぶつ奇想天外でバッファローを丸呑みしている映像よく見ていた気がするがまさか食べることになるとは思わなかったな。
味は肉肉しい感じを予想。


2014-11-30-20-05-21

そして注文から20分(揚げるのに時間がかかるらしい)ようやく登場。


2014-11-30-20-10-56

この手の硬そうな鱗、アマゾンの奥地でも生存競争に勝てそうだ。


2014-11-30-20-18-22

実はこの手、思ったよりもフニフニで肉球のようにさわり心地がいい。


2014-11-30-20-18-53

この獲物を捕らえて離さなさそうなしっかりとした爪。
唐揚げにされてもやはりワニである。

彼が生息地にいた頃は食物連鎖の頂点でまさかこんなところで唐揚げになるとは思ってはなかったんだろうな。

ちなみにこの手の部分は火を入れてないので食べれないとのこと。
触り心地からしてゼラチン質で鍋に入れたら美味しそう。

このままジュラシックパークに出てもいいぐらいのごっつい手だけど、いざ食べて見ましょう!


2014-11-30-20-10-26

「うっゔぅううゔぅぐぁっうっうゔうっぁ・・・・・あれ?うめぇ!!

味は鶏肉と豚肉のちょうど中間のような味。
肉としては普通にうまい。あとここのお店の下味のつけ方がめちゃくちゃうまくて肉の芯まで味が染み込んでいて、なおかつ一口噛めば肉汁が染み出してくる。
普通の鶏肉の唐揚げと比べても全然美味しい。
食物連鎖の頂点だった頃を思い起こさせないような素敵な味でした。


2014-11-30-19-38-25
△次に頼んだ蛇の肉の網焼き。なんとニシキヘビの肉を使ってるそうだ。


2014-11-30-19-39-15

ひとことで言うと鳥のせせりみたいなさっぱりとしながらも柔らかい食感!
一口噛むと肉の繊維が口の中でほろほろと崩れていくぞ。
更に炭火で炙っているからだろうかすごい香ばしい香りがする。



◇総評
 
珍獣屋ってことで行く前は「どうせ珍しいものばかり扱って一発屋のお店なんでしょ?」って思っていました。だけど実際行ってみると食材の珍しさはさることながら店主さんの料理の腕がハンパない。
ワニの肉は柔らかく食べやすいように下味がつけてあり唐揚げの衣の部分も超絶品の味付け!
さらに蛇の肉に関してはしっかりと炭火で火を通してありその風味もバッチリついていて食べやすかった。
周りにもたくさんお客さんがいたのですが常連のような人も多くてリピーターが集まるのもうなづけると思いました。



◇余談
 

2014-11-30-20-34-05

店員さんに頼めば余ったワニの手を真空パックにしてくれます。
お土産にどうぞ!



 
○お店の情報

店名:「珍獣屋」
住所:神奈川県横浜市中区野毛町1丁目45−1 第二港興産ビル 2F
座席:3席程度
電話: 045-260-6805
営業時間:平日17:00~21:00(LO.20:30) 休日17:00~23:00(LO.22:30)
定休日 :不定休 
予約方法:電話
関連サイト:HP


▽この記事を書いた人
image八坂 カズトシ
へんてこグルメガイドの管理人。ジャイアントカプリコが好きすぎるので死後はあのチョコの部分に練りこんでいただけるとありがたいです。
 Twitter→@yzktmy827


=================================
フィードの登録はこちら→follow us in feedly
フォローしてみよう!→