IMG_2750

◇名古屋の山というと何を想像しますか?
名古屋に山なんてあったっけ?と思う人もいるかもしれない。だが、名古屋には登頂不可能な山があるんです。今回は名古屋の名峰「喫茶マウンテン」に行ってきました。このお店は変なものを食べることが好きな人の中では有名で、このようなブログをやってく上で必ず乗り越えなければならない山、まさにマウンテンなのだ。
場所は名古屋の名古屋市営地下鉄鶴舞線いりなか駅より徒歩10分のところ。
駅から住宅地を進むと突如として山が描かれた看板が見える。

▽でっかい看板とお店。
IMG_2740

マウンテンと言う割には平地に建てられている。

▽外観はおしゃれ、ログハウスみたいでかわいい。さすが名古屋、喫茶店の国だ。
IMG_2782

ここまで見てもらうとごく普通の喫茶店に見える。
しかし、入り口の扉をあけると並べられているのがこれ。
IMG_2781

タイトルから味が想像できない珍メニュー、謎メニューの数々。
席に座りメニューを見る前にこの量の摩訶不思議メニュー。
気を抜いているとゴングが鳴る前からのマウンテン側の先制パンチくらうことになる。

「ねこまんま」ならぬ「アザラシまんま」
まったく想像がつかない。

「ゆずこしょうドリンク」
ゆずこしょうとは調味料であってドリンクではない。

「チョベリパフェ」
名前の元となったであろうチョベリバという言葉は1997年には死んでいる。

このように新メニューを毎シーズン出していて、これが珍食好きに長年愛される理由の一つだ。
これだけの量の珍メニューを毎シーズン出しているとなるとお店側の発想力が計り知れない。マウンテンのマスターは珍食界のエジソンである。

▽店内の雰囲気はいたって質素。
IMG_2748
店内に僕ら以外のお客さんはカップが一組と常連ぽいナイスミドルなおじさん一人だった。
カップルはワイワイキャッキャとメニューをみて大騒ぎをしていたのに対してナイスミドルは一人でモーニングを楽しんでいた。
その後も珍メニューを頼む人と常連ぽい人が2:1の割合で訪れていた。
珍メニューを食べに来る人だけではなく普通の常連さんもいることに少し驚かされた。
もとはといえば地域の学生向けに大盛りの料理を出すお店だったらしいのだが気づけばこうなっていたそうだ。

▽メニュー、六法全書がごとく細かく大量に文字が書いてある。
IMG_2745

・甘口いちごスパ
・甘口抹茶小倉スパ
・甘口メロンスパ
・甘口バナナスパ
などの甘口スパの峰々以外にも
 
・お茶ピラフ
・スパイス合衆国
・ナマズスパ
などなど珍メニューが星空のごとく散りばめられている。
しかも、一つ一つが「コーヒーラーメン」級の破壊力を持っていそうだ。

極め付けがこれ。
カキ氷の欄にあった「マンゴースペシャル」。
2015-02-26-11-12-58

なんでマンゴーなのに辛口なんだよ!
スラムダンクの木暮のように普通は注目しないふつうメニューの中にも伏兵が潜んでいることに注意をしなければならない。

このとき1番人気の小倉抹茶スパと甘口いちごスパ、イカスミカキ氷を注文。

注文を終えるとさっきまで前でいちゃいちゃしていたカップルの男性の方が「それは、やめたほうがいい」というアイサインを送ってきた。
どうやら彼らは甘口いちごスパの登頂途中で遭難してしまったようだ。
それまでは幸せそうな笑顔だったがその時は絶望に打ちひしがれた顔をしていた。

◇注文が来る前にマウンテン用語を覚えておこう。

この喫茶店マウンテンは根強いファンが多くファンサイト、ウィキペディア、テーマソングまで存在するのだ。小説家の村上春樹でさえこのお店のレポートを残している。
そしてマウンテンには、ファンだけが使うマウンテン用語があるらしいのだ。初心者ということがバレないように先にマウンテン用語を勉強しておこう。

★おさえておきたいマウンテン用語
「山」
  マウンテンの別名。マウンテンだから山だ。わかりやすい。

「登山」
  これはマウンテンに行って注文すること。もちろん行くだけでは登山とは呼ばない。

「遭難」
  出された料理を全部食べきる前にリタイアすること。または無理して全部食べきって体調を崩してしまうことをいう。

「登頂」
  注文したものを食べきること。 一人で全部食べるのが基本だが、多少は他の人に協力してもらってもいい。

「氷山」
  アイス氷のこと。これも量がが半端ではない。

「雪崩」
  アイス氷を食べているときに、氷がテーブルの上に落ちること。 マウンテンのカキ氷は量が多すぎてだいたいは雪崩を起こす。雪山には雪崩がつきものだ!気をつけよう。
 

◇続々と現れる珍メニューたち、そして………

10分もするとお目当てのメニューが運ばれてくる。

2015-02-26-19-53-13

最初に来たのは甘口抹茶小倉スパ。
抹茶✖️小倉の組み合わせ、この組み合わせだけなら、ぜんざいにお茶を飲んでるように和風で美味しそうに感じる。
麺には抹茶が練りこまれているようで抹茶独自の渋さも多少は感じられる。
しかし、その抹茶の匂いをかき消すほどにシロップが甘い!
またアンコ、クリーム、フルーツ、の全てが甘い。口の中が甘さで塗りつぶされていく。
こちらは友人が注文したものだが中腹あたりで遭難していた。

次に来たのは甘口いちごスパ。
IMG_2750

まず漂ってくるのがガツンと鼻にささる甘い香り。バスの中で嗅いだら一撃で車酔いになるレベルの気持ち悪い甘さだ。
アロマのコーヒーラーメンもそうだけど甘いものを温めちゃいけないんだって。

IMG_2752
皿の淵についたこの赤い汁。
間違いない!イチゴシロップだ。

どうやらスパゲッティをイチゴシロップで煮込んだみたいだ。
時間が経つにつれ熱で上のクリームが溶け出しフルーツがぐでぐでになっていくので早く食べなければならない。
IMG_2756

味はかなり凶暴!イチゴシロップの科学甘味料の味が口の中で大暴れしている!
キツさでいったら抹茶小倉スパよりも甘口いちごのほうが3倍くらいきつい。抹茶小倉スパは多少の抹茶の効果があるので喉を通るがこっちはもう何が何でも通らない。こりゃ10日間飲まず食わずで出されても食わないと思う。
キツすぎて二口目はフルーツに逃げてしまった。
皿の隅に置かれているキウイだけが唯一の救いだ。
そうこうしているとクリームが溶け出して余計手に負えなくなっていく。
食べれない→クリームと混ざる→余計食べれない
の悪循環だ。

なんだかイチゴ自体をきらいになりそうだわ。

どうすんのこれ。

………

甘口いちごスパにて遭難!

続いてはこば来たのはイカスミカキ氷。
IMG_2772

デカイ!縁日に屋台で売られているカキ氷のざっと4倍はある。
黒くて近くで見るとゴジラの背中みたいだ。
そしてちょっとでも触れると雪崩を起こしてしまう。
IMG_2775

ハッカっぽい匂いもする気がする。なんせ初めて食べる味だから待ったくこの味が正解なのかわからない。
不味くはないことだけはわかる。

だだ、
食べても食べても全く減らないんですよ。、
ごめんなさい、二人では無理です。

▽目がうつろになっていた。
IMG_2778

イカスミカキ氷、遭難!

甘口小倉抹茶スパ、甘口いちごスパ、イカスミカキ氷と
登ろうとした山をすべて遭難してしまいこの日は逃げるようにマウンテンを後にした。

 ◯お店の情報

店名:喫茶マウンテン
住所:愛知県名古屋市昭和区滝川町47-86 
座席:75席
電話: 052-832-0897
営業時間:8:00~22:00(L.O.21:40)
定休日 :月曜日
カード :不可
関連サイト:公式ブログ

=================================
フィードの登録はこちら→follow us in feedly
フォローしてみよう!→