◇爬虫類に触れるカフェ横浜亜熱帯茶館

僕は昔っから爬虫類が好きで子供の頃はよく動物奇想天外や志村どうぶつ園をテレビに噛り付くによく見ていたんです。当時の僕は「いつか大人になったら画面の向こうのイグアナやリクガメを飼ってみたい」と思っていたんですが、いざ大人になってみると忙しくて動物の世話なんてしてる暇がないんですよね。

こんな僕みたいな人はたくさんいると思うんですよね。
そんな人が行くべき爬虫類と触れ合えるカフェが横浜にあるんです。
その名も「横浜亜熱帯茶館」!
猫カフェやウサギカフェ、フクロウカフェのような動物と触れ合えるカフェってのはたくさんあるんですが、爬虫類カフェってなかなかないですよね。

今回、そんな爬虫類カフェに行ってきました。

場所は日之出町駅から徒歩5分くらい。
▽営業時間ならこんな看板が出ている。
2015-09-23-15-44-06

▽それでは入っていきましょう。
2015-09-23-15-45-06

◇動物を扱っているのにめちゃくちゃきれいな店内

2015-09-23-15-50-27

これはお店に入ってまず感じたことなんですが臭いがないんです。
カメやトカゲを扱っているわけだからちょっとくらい臭うんだろうなと思っていたんですがまったく臭くないんです。
注意深く見てみると店員さんがかなり清潔さに気を使っているみたいでアルコール除菌をシュッシュやっていました。

▽店内にはいくつもの水槽が展示してある。
2015-09-23-15-50-32
2015-09-23-15-51-47

覗き込むとジュラシックワールドに出てきそうな巨大なトカゲがぐーすかお眠りをしているんですわ。
これは爬虫類好きは胸きゅんですね。

2015-09-23-15-51-08

中央の水槽のトカゲは白熱電球で日向ぼっこしながら寝てました。
前世の夢でも見ているんでしょうか?

◇動物との触れ合いコーナーに入って触ってみよう

お店の片隅には触れ合いコーナーがあって、ここでは放し飼いされている爬虫類たちにお触りできるんです。
2015-09-23-16-10-04

こちらのトカゲも
2015-09-23-16-14-35

撫ででられるんです。
2015-09-23-16-14-31

▽亀はなぜか机の下に積み重なっていました。棒倒しの練習でもしてるのでしょうか?
2015-09-23-16-12-45

こちらのリクガメも甲羅に触れる。
2015-09-23-16-13-21

リクガメは見た目通りパワー系ですね。
触っていても我関せずでのそのそ動き回ってしまいました。触り心地も磨かれた大理石の岩を触っているかのように肌触りはすべすべしているけど全体的にはゴツゴツでした。

横浜亜熱帯茶館はワンドリンク制で混んでいる時じゃなかったら何時間でもいられるんだからこれほど幸せなことはないですわ。

▽果実花茶(800円)と米粉ココナッツクッキー(150円)
2015-09-23-15-56-05

□お店の情報

店名:「横浜亜熱帯茶館」
住所:神奈川県横浜市中区長者町8-133 冨森商事 2F 
座席:30席程度
電話: 045-263-4015
営業時間:11:00~19:00
定休日 :火曜日・水曜日
予約方法:不可
関連サイト:HP

=================================
フィードの登録はこちら→follow us in feedly
フォローしてみよう!→