◇浅草の「鳥のいるカフェ」はS級レベルの鳥好き向けのとりカフェだった


2016-02-26-14-26-07

浅草には「鳥のいるカフェ」というS級の鳥好きのためのとりカフェがあると聞いたので今回はそのお店に行ってきた。 

最近は猫カフェのようなアニマルカフェの流行っているがその中でも吉祥寺の鷹匠カフェや各地にあるフクロウカフェなど鳥系のカフェが注目されている。

鳥のいるカフェはその中でも異彩を放っているのだ。 
事前にいただいたパンフレットにはこう書いてあった。

「鳥のいるカフェと言う名前ですが、全くカフェではありません!」

カフェなのにカフェじゃないだって!?
なんか夢だけど夢じゃない、トトロみたいだな。鳥のいるカフェ

鳥のいるカフェは浅草駅から徒歩10分、駅からみて雷門をすぎたあたりの浅草の比較的落ち着いた通りのビルの地下にある。


image
△フクロウの看板が目印。

 階段を降りてお店に入ると入り口のカウンターの止り木にフクロウがジーっと動かずとまっていた。


2016-02-26-14-26-07

お店に入ると店員さんがお店のルールを説明してくれる。 

・足元をうろうろしているインコを踏まないように 
・鳥を撫でる時は頭から尻尾にかけて撫でましょう 
・キラキラしてるものを身につけないでください。 
・鳥の甘噛みが強くなることがあるので気を付けてください。 
とのこと… 

店内は主にフクロウゾーンと小鳥ゾーンに分かれているそうだ。 

2016-02-26-14-27-44
△鳥のフン対策のためにカッパを無料て貸し出ししているので絶対に着ることをお勧めするぞ。


◇フクロウゾーンでフクロウと触れ合おう!! 

お店に入って最初に案内されるのはこちらはフクロウゾーンだ。
壁沿いに立っている止まり木に沿ってフクロウが静かにこちらを向いている。 
お客さんはこれらのフクロウたちを見るだけではない。
なんと触ることができるのだ。 


2016-02-26-14-37-12
△毛並みに逆らわないように頭から尻尾の方へ手を滑らせる。 


こっちのフクロウも・・・ 
2016-02-26-14-34-20

2016-02-26-14-34-31

撫でられる。
綿あめを触っているようにふわっふわだ! 

こちらを撫でてにやにやするのだけでも充分に満足できるのだけれど、種類によっては肩に乗せることもできるぞ!


image


2016-02-26-14-30-54
△僕の肩が気に食わなかったのか羽でビンタされた。


image
△メンフクロウなどの大型のフクロウは手袋をはめて手に乗せよう。 


◇フクロウだけじゃない!小鳥たちともふれ合おう! 

一通りフクロウとの触れ合いを楽しんだ後には小鳥ゾーンで可愛い小鳥たちとふれ合おう。
フクロウ達が並んでいる隣の扉から小鳥たちとの触れ合いルームに入ると…… 


2016-02-26-14-41-18

2016-02-26-14-41-24

2016-02-26-14-41-28

10畳くらいの空間に15種類50羽の鳥たちがひしめいている。 
お客さんはキャピキャピと黄色い悲鳴をあげている人から精神統一の修行のように微動だにせず鳥を見つめ続けるプロ級の常連さんまでさまざまだ。 

小鳥ゾーンにいる鳥たちの一部を紹介しようと思う。 


image
△アヒル、とことこと歩いていてとてもかわいい。 


2016-02-26-14-42-50
△ アカハシコサイチョウ 


image
△こちらはオウム、私がお店にいる間ずっとこの取っ手をかじっていた。  


image
目が、ギンギンだ
完璧にやべぇやつの目をしてた。 

ここにいる鳥たちは非常に人間に慣れてる。
いや、あまりにも慣れ過ぎていてむしろなめてるのかもしれない 


なにもしなくても…… 
ほら! 

image

頭の上にちょこんとインコが乗ってくる。 
人間を止まり木とでも思っているのか何もしなくても鳥の方から寄ってきてくれるのだ。 


image

カラフルで目がクリクリしててかわいい。 


◇100円のおやつを買うと可愛かった鳥たちが豹変するぞ! 

鳥とのふれあいゾーンでは100円でおやつを買うことができる。 
おやつというのはひまわりの種のことなのだがここの鳥たちはそれが大好物。 
大好物すぎて誰かがひまわりの種を出した瞬間あんなに可愛かった小鳥たちが凶暴化するのだ! 

実際に私が買った時の顛末はこうだ。


おやつを買うやいなや…… 

2016-02-26-14-45-06

えっ!? 

2016-02-26-17-34-23

え!?えええっ!?! 

image

なに!?なに!?なに!? 

2016-02-26-17-34-57

食い殺されるー!! 
最初に甘噛みをされるので気をつけてください等の説明をされるが、おやつを買った瞬間甘噛みなんてレベルじゃない本気で嚙み殺す気で噛み付いてくる!! 
最初の可愛さは嘘だったの!?私を襲う鳥たちの目は小鳥のそれではない、ハンターの目だった。 

あまりの勢いに生きながらなに鳥葬されてる気持ちになった。 

このように他の動物系のカフェだったら行ったのにぜんぜんかまってくれなかったという事がよくあるのですが、ここは段違いにかまってくれた。 
軽く鳥についばまれる昆虫の気持ちがわかるくらいに絡んでくる。 

新感覚の楽しい気持ちでお店を出ることができました。 

 

◯お店の情報

店名:「鳥のいるカフェ 浅草店」
住所: 東京都台東区浅草1-12-8 大山ビルB1F
座席:30人も入ればいっぱい
電話: 03-6802-8572
営業時間:平日 13:00〜20:00 土日祝 11:00〜20:00
定休日 :年中無休
予約方法:不可
関連サイト:HP

▽この記事を書いた人
image「八坂 カズトシ」 
へんてこグルメガイドの管理人。ジャイアントカプリコが好きすぎるので死後はあのチョコの部分に練りこんでいただけるとありがたいです。 
Twitter→@yzktmy827   他の記事→八坂の記事

================================= 
フィードの登録はこちら→  follow us in feedly 
フォローしてみよう!→