◇東京でも数少ないもんじゃ焼きができる駄菓子屋。

2016-03-06-12-21-45

駄菓子屋でもんじゃ焼きが食べたい。

大学に入学して山梨の片田舎から上京してきてもんじゃ焼きを食べるたびに違和感を感じてきた。
子供のころに「こち亀」を読んで想像した下町のもんじゃ焼きはこんなものではないはずだ。

東京のもんじゃ焼はきれいな店内で、 具がどっさりと盛り付けられていて、店員に言えば焼いてくれたりもして、味だってもちろん丁寧だ。

確かにおいしい、だけど違う。


もんじゃ焼きってのは古びた駄菓子屋の端くれで、薄目に溶かれた小麦粉を焼いて作るものじゃないのか?

そう思い探していたのだがなかなかもんじゃ焼きをやっている駄菓子屋を見つけることができなかった。
東京に昔から住んでいる人に聞いてもいつの時代だよという風に返される。

そんな中、駄菓子屋研究家の土橋真さんに関われる機会があったのでいくつかお店を紹介していただいた。

なんでも都内でももんじゃ焼きができる駄菓子屋は5軒ほどしかいという。

今回はその中で最も行きやすい一軒に行ってきので紹介したいと思う。


◇こどもの家きくやってもう最高だー!!


2016-03-05-16-11-35

都電荒川線の「 荒川遊園地前」を降りてあらかわ遊園に行く途中に青い看板が見えてくるそこが「こどもの家きくや」だ。

2016-03-05-16-10-42
△行く途中には共用の場である公園に靴が干してあったり植木が置いてあったりした。

2016-03-05-16-00-48
△お店の近くには古びた八百屋。

あーこの無秩序さ、やっぱり下町だなぁと思えるような点が数多くあった。

お店は大きく分けて2つに区切られている。
駄菓子屋ゾーンともんじゃ焼きゾーンだ。
2016-03-06-12-56-13
△手前が駄菓子ゾーン、向こうがもんじゃ焼きゾーンである。
私が行った日が日曜日だからかもしれないがお客さんは常に二、三人はいるようだった。


◇駄菓子をかっておこう!!

2016-03-05-16-12-54
△駄菓子は20円とか30円というかなり安いものばかり。
子連れのお客さんや子供のお客さんに混ざって私たちのような昔ながらの駄菓子屋を懐かしむ大人だけのお客さんも来ていた。

2016-03-06-12-58-46
水ふうせんや紙笛、ゴム風船なんかも売られていた。

2016-03-05-16-14-26
△かごは段ボールでできている。

9712e65e-72e2-4541-b8fc-69d94b082c00
いくら買ったとしてもお財布の中身を気にしなくて済む。
自分ももう大人買いってものもできるような年になったのか・・・

2016-03-06-12-57-50
△こちらがこの駄菓子屋のおばあちゃん。とても素敵な笑顔。

かたかたとゼンマイ人形のように袋に駄菓子を詰め込んでくれた。
きっと私が子供のころからおばあちゃんをやっているんだろうなぁ

2016-03-06-12-58-06

合計は90円。かごをおばあちゃんに渡すと・・・
おばあちゃんからは「お会計は90万円ね」と言われた。

え!?90万円!?
いつの時代のボケなのだろうか・・

2016-03-06-12-59-11
お店の外にはアイスを入れていく冷蔵庫。

2016-03-06-12-59-02
そのとなりには缶ブタが入っていた。


◇本物の駄菓子屋もんじゃを食べよう!!

2016-03-06-12-25-24

お店に入りもんじゃ焼きをしたいということを伝えると店の中に設置されたもんじゃ焼きの台まで案内をしてくれる。
椅子の数は16席あるが子供向けのためか大人が座るとかなり手狭。

2016-03-06-12-50-02
メニューは壁に貼られているものでもんじゃ焼きが350円、トッピングが50円という子供でも手が届きやすい値段だ。
もんじゃ焼きのチェーン店とか行くと大体700円とか800円とかこの倍以上はしちゃうもんね。

2016-03-06-12-19-24
みじん切りにされた野菜、青のりは後から振りかけるのではなく最初から入っている。

2016-03-06-12-20-11
これでは味が薄いのでソースを入れる。
たしかこち亀で両さんがこのソースの量について話をしていましたわ。

2016-03-06-12-21-45

具を先に鉄板に乗せて土手を作る。
下町の駄菓子屋もんじゃは具が少めなので土手を作るのがとても難しい。

2016-03-06-12-31-13
結局土手がうまくできずに決壊して他のもんじゃ焼きを侵食してきていた。

2016-03-06-12-31-03
なんだかんだで完成!
ホントにもんじゃ焼きを食べているときにゲロの話をしてはいけないという話がよく分かる出来栄えだ!
絶対ゲロの話はしてはいけないぞ!ゲロの話だけは・・・

いただきます。
2016-03-06-12-37-52

うーん、そうそうこれこれ!!
これが昔っから食べてみたかったんだよ!
粗削りだけどおいしい、とても懐かしい味のする・・・
心の底から満たされるようなおいしさだ。

2016-03-06-12-26-45

駄菓子屋もんじゃにはラムネが一番合う。

こんな感じでとても心の底から満たされるような、東京の下町の魂の原風景を感じられるようなお店でした。
あらかわ遊園へ行く時でもそれ以外でもぜひとも行ってみてください。



◯お店の情報

店名:「こどもの家きくや」
住所: 東京都荒川区西尾久6-32-10
座席:16席
電話: 03-3800-1067
営業時間:9:30~17:00(もんじゃは16:00)
定休日 :火曜
予約方法:不可
関連サイト:食べログ


▽この記事を書いた人
image「八坂 カズトシ」
へんてこグルメガイドの管理人。ジャイアントカプリコが好きすぎるので死後はあのチョコの部分に練りこんでいただけるとありがたいです。
Twitter→@yzktmy827   他の記事→八坂の記事
協力者:土橋 真 (駄菓子屋研究家)

=================================
フィードの登録はこちら→follow us in feedly
フォローしてみよう!→