◇銀座のア・ヴォートル・サンテ・エンドーではフルーツがどっさりと乗ったフルーツカレーが食べられるよ!


東銀座にあるア・ヴォートル・サンテ・エンドーというお店ではフルーツがどっさりと乗ったカレーが食べられる。
フルーツとカレーとはこれまたすごい組み合わせだな。辛い物を食べた後に甘い物という組み合わせはなんとなくわかるけど……
水と油のようにけして合わないような気もするのだがどうなのだろう。


△ア・ヴォートル・サンテ・エンドー。噛みそうな名前だ。


△さすが銀座の喫茶店。趣がありつつ綺麗だ。



カレーの上にリンゴ、メロン、バナナ、ベリー、キウイ、オレンジ、そしてアイスが乗せられていて、それらのフルーツがインディアンの民族衣装のように飾り付けられている。
見た目はカレーというよりもタルトとかパフェとかそっちのスイーツに見える!


△インディアンの冠みたいだ。


△白米、カレー、フルーツの三段階で構成されている。

カレーといえば普通はもっと脂っこくて味の強いものが乗せられがちであるが、こちらはまったく逆の街道をいっている。



ん!?合う!!

まぁ確かにカレーの隠し味にリンゴを入れる人もざらにいるし、バーモントカレーなんか堂々入れているわけでフルーツとカレーの組み合わせは合わないわけではないのか……

△ベリーもカレーに合う。

むしろ様々なフルーツが乗っているためにいろいろな味を楽しむことができる。



▽この記事を書いた人
image「八坂 カズトシ」
へんてこグルメガイドの管理人。ジャイアントカプリコが好きすぎるので死後はあのチョコの部分に練りこんでいただけるとありがたいです。
Twitter→@yzktmy827   他の記事→八坂の記事



=================================
フィードの登録はこちら→follow us in feedly

Facebookはこちら→image

フォローしてみよう!→