◇阿佐ヶ谷にある「生肉酒場 凛」は値段よし味よし珍しさよしの走攻守揃ったせんべろ居酒屋だった!



みなさん、ライオンが如く生肉を食べたくなる時ありませんか?
でも、スーパーには肉刺しなんて滅多に売られてないし、飲み屋にいくと値段の高さにあまり食べられない。
そんな時におすすめの居酒屋を阿佐ヶ谷で見つけたので紹介いたします。



生肉酒場 凛は阿佐ヶ谷駅から徒歩5分。
阿佐ヶ谷は下町系の飲み屋が多く他にもせんべろ居酒屋(1000円でベロベロに酔える居酒屋のこと)が多いので目移りせずに行って欲しい。


△お店の雰囲気。

お店に入るとマスターが1人で回しており、お客さんは60歳間近のおっちゃんたちと大学四年生のお兄さんが1人でいた。

若い人がこのような居酒屋に1人でいるのは珍しいのでマスターに話を聞いたところ、若い人もたまにくるそうだが数は少なくこういうお店はハードルが高く見えるだろうがどんどん来て欲しいとのこと… 


マスターは話しやすい兄貴的な人でレトロな物好き。
店内のいたるところに1970-80年代のグッズがちりばめられ、トイレにはレトロカーのポスターが貼られていた。


◇1,000円で肉刺しが山盛りで出てくる。本当に1,000円でダ!


△砂肝刺し


△鳥胸刺し


△ハツ刺し



これが山盛りになって出てきて「はい、1,000円」だって!
安い!普通の居酒屋でこれだけ肉刺しを頼んだら軽く1800円はすると思う!

味付けはニンニクと生姜が効いてて生肉の特有のクセの強さを消している。肉の種類ごとに特有な歯ごたえが楽しめる。
僕は特に砂肝が歯ごたえがコリコリしていて好きだった!

この特有な食感とニンニク生姜の香りがこれがまた日本酒に合うんだよね!

△今日の日本酒(450円)


生肉酒場 凛では他のお店ではなかなか食べられない「豚」の肉刺しも置いてある。
豚っていうと肉刺しで食べて大丈夫?と思う人もいると思うが、こちらのお店で出される肉刺しはしっかりと厚生労働省の基準を合格し、豚肉に関しては塩茹でして火を通してあるから大丈夫だそうだ!


△豚のこめかみ刺し


△豚のタン刺し


△豚のタン元刺し


2016-11-26-12-55-16
△豚の3点盛り合わせ

これもこれだけ揃って1,000円。いやはや、とんでもねぇコスパの良さだ。
豚刺しは初めて食べるけど火をうまく通しているだけあってローストビーフ的な食感もありつつ、さっぱりとした味わいと肉刺し特有な歯ごたえだった。



だってメニューがこれだもんなぁ。
どれを取っても安いね!


2016-11-25-20-27-55

もちろん肉刺し以外のメニューもある。
それなので肉刺しを受け付けなかった人でもせんべろを楽しめるよ!

ちなみに今年の終わりからメニューの改変をし単品の肉刺しを300円くらいにして、より1,000円でベロベロに酔える店を目指すんだとか。
これからの変化にも期待を寄せられるいいお店でした!




○お店の情報

店名:「生肉酒場 凛」
住所:東京都杉並区阿佐ヶ谷北3-43-15
座席:10席
電話: 固定電話はなし
営業時間:15:00から24:00
定休日:第一木曜日、第三木曜日または第四木曜日
関連サイト:食べログ
 

▽この記事を書いた人
image「八坂 カズトシ」
へんてこグルメガイドの管理人。ジャイアントカプリコが好きすぎるので死後はあのチョコの部分に練りこんでいただけるとありがたいです。
Twitter→@yzktmy827   他の記事→八坂の記事


=================================
フィードの登録はこちら→ follow us in feedly

Facebookはこちら→ image

フォローしてみよう!→