◇ 高円寺「COFFEE CONE TOKYO」ではワッフルコーンに入ったコーヒーを飲めるよ!!



高円寺にはワッフルコーンの中に温かいドリンクを入れて飲むカフェがある。
温かいドリンクといえばしっかりとした器に入れて飲むのが普通だが「COFFEE CONE TOKYO」では器を使わずワッフルコーンに飲み物を入れるときたもんだ。 

冷たいソフトクリームでさえワッフルコーンで食べていると下から溶け出てカゴの中のハムスターが水を飲むようにペロペロと舐めることが多い。
ましてや温かい液体となるとどうなってしまうのか…




ワッフルコーンに熱々のドリンクを入れて提供するカフェ「COFFEE CONE TOKYO」は、高円寺から徒歩10分、新高円寺から徒歩3分の場所にある。
ワッフルコーンのドリンク類は500円から700円くらい。
注文すると目の前で1つ1つ丁寧に淹れてくれるよ! 


DSC07279
 

出ました。ワッフルコーンに入った抹茶のホットです。

目の前に出されてもやはりワッフルコーンと水気の物となると、縁日のカメすくいのようにふやふやになって底が破けてしまわないか不安だ。
マスターに、漏れてこないのですかと聞いたところ手作りなので誤差はあるけど5時間くらい漏れないという返答。
5時間といえば300分、君の名はとドント・ブリーズとマッドマックス 怒りのデスロードの3本の映画を見て丁度くらい。
映画一本につき1、2回トイレに立つ僕の膀胱よりも優秀だ。




中の液体が漏れない理由はワッフルコーンに厚めにチョコレートのコーティングをされているかららしいのだ。
「おいおい、飲み物の熱でチョコレートが溶けたら漏れてくるだろ」と思う方もいらっしゃると思うがそこはでんじろう先生的なものが働いているのだろう。




ワッフルコーンを食べながら飲み進めていくと当然ながらこぼれてしまうので傾けて飲んでいく。


持つところを間違えると手にべったりとチョコレートがついてしまう。


中のドリンクを飲み干したらパリパリのワッフルコーンを食べられる!
苦いものを飲んだばかりだから甘いチョコレートがとても口に合う。
なるほどなるほど、デザート要らずだね!

DSC07304



他にもたくさんの種類があるので、いろんな味を楽しめるよ。





◯お店の情報

店名:「COFFEE CONE TOKYO」
住所:東京都杉並区高円寺南3丁目20−15
座席:12席前後
電話: 050-1137-5662
営業時間:   11:00~20:00
定休日 :不定休
予約方法:電話
関連サイト:HP


▽この記事を書いた人
image「八坂 カズトシ」
へんてこグルメガイドの管理人。ジャイアントカプリコが好きすぎるので死後はあのチョコの部分に練りこんでいただけるとありがたいです。
Twitter→@yzktmy827   他の記事→八坂の記事