◇板橋の「下頭橋ラーメン」では毎日数杯限定で背脂ちゃっちゃ系の究極形態『背脂100パーセントラーメン』を食べられるよ!!

DSC07484
 
先日、はがき職人をやっている友人から板橋の下頭橋ラーメンの裏メニューに、スープに水をいっさい使用しない背脂100パーセントの背脂ちゃっちゃ系ラーメンがあるという情報をいただいた。
背脂ちゃっちゃ系はもちろんのこと、二郎系や横浜家系など最近の流行ではラーメンに背脂をいれてがっつりとした食べごたえを楽しむのが主流である。
お腹を空かせたときに食べる背脂の味ったらアゴが溶け落ちるんじゃないかと思うくらいに美味い!!
でも、背脂100パーセントっていささかやりすぎじゃね?と思いながらも行ってみた!


DSC07507
背脂100パーセントラーメンが食べられるのは上板橋駅から徒歩12分の場所にある「下頭橋ラーメン」
古き良きラーメン屋を思わせるたたずまいだ。


DSC07505_Ink_LI
△お店の中の様子。

下頭橋ラーメンは超人気店。昔、普通のラーメンを食べに行ったときはかなり並んだ思い出がある。
普通のラーメンは味もむちゃくちゃ美味くて、板橋付近を通った時には必ず寄っていた。


DSC07504
△メニューは二つ、肉を多く入れるか入れないかの違いしかない。
本当に美味いラーメン屋だからこそできるメニューの設定。


DSC07503
△血中コレステロール値やばそうだな、土佐っ子。


◇裏メニュー「背脂100パーセントラーメン」を食べてみた!!

image
△ラーメンのタレを入れあとは背脂を入れる入れる入れる!!

席に着いたら背脂100パーセントラーメンを注文。
背脂100パーセントラーメンは下頭ラーメンの裏メニューで大将の話によると一日に五杯を目安に数杯限定で提供しているのだという。
「あんまり出しちゃうと背脂がなくなっちまうからね。でも、多く出すときはもっと出すし、出せないときは出せないよ」と付け加えた。


DSC07485

そして出てきました!背脂100パーセントラーメン!!!
どんぶりの端にこびっりつく背脂は背脂ちゃっちゃ系ラーメンの証。
そして麺に絡まるのは背脂100パーセント。忍たま乱太郎でいう勇気です!


DSC07490

DSC07492
△スープではなく脂?スープが脂?どちらの表現が正しいの判らないがとにかく脂だ。

油そばのスープが無くて背脂がかかっている中華麺とは形態を異にする。
背脂100パーセントラーメンは背脂の中に麺が沈んでいると表現したほうが正しい気がする。

DSC07489
△麺をリフトするのスッとは上がらず。ヨッコイショといった感じ。


DSC07495

DSC07496

そのままでは下のほうだけ味が濃くなってしまうので一旦かき混ぜる。
ここら辺の食べ方は油そばと同じ気がする。見た目は悪いけどこれがまた美味いんだよなぁ。


DSC07500

「おっ甘い!!」一口食べると口の中に甘さが広がる!
脂ってこんなに甘いものだっけと思わせるくらいに甘い。そして思った以上にあっさりしている。



DSC07501
△これくらい食べたら異変が起きる

だがしかし、やはり食べているのは油の塊、麺をすする音はズルズルというよりかはズボボといった重い音。
食べているうちにその脂っこさが表に出てきて徐々に徐々にカロリーの味が顔を出してくる
美味いっちゃ美味いんだけど脂っこさに勝てない、活発な高校球児ほどでなければ最後まで楽しむことはできないだろう。

絶対普通の下頭橋ラーメンを食べたほうがいいと思うけど挑戦したい方はぜひ!!



◯お店の情報

店名:「下頭橋ラーメン」
住所:東京都板橋区常盤台3-10-3
座席:8席前後
電話:  03-3967-5957
営業時間: 18:00-4:00
定休日 :水曜日
予約方法:なし


▽この記事を書いた人
image「八坂 カズトシ」
へんてこグルメガイドの管理人。ジャイアントカプリコが好きすぎるので死後はあのチョコの部分に練りこんでいただけるとありがたいです。
Twitter→@yzktmy827   他の記事→八坂の記事

協力者:ブルペンキャッチャー