◇喜代屋のご飯にかけるチョコレートがとんでもなかった。



創業98年の老舗味噌屋「喜代屋」が恐ろしい商品を発売した。
その商品とはなんとごはんにブッかけるためのチョコレート「ご飯にかけるチョコレート」だ。 

「喜代屋」は長崎の味噌蔵だが、全国どこからでも注文してお取り寄せできる。
家まで届けてもらったんだけど、食べてみると「人類には早ずぎる」としか言えない味わいだった。


◇喜代屋のご飯にかけるチョコを食べるにあたって



どうも、へんてこグルメガイドの矢崎です。
机に肘をつき碇ゲンドウのスタイルで失礼します。

僕がなぜこのようなスタイルなのかと言いますと、僕自身も食べようか食べまいか考えてしまうような食べ物のレポだからです。


そう今回はこれ!


「ご飯にかけるチョコレート」

喜代屋は大正七年から続いている超老舗の味噌蔵。なんたって そろそろ創業100年を迎えるからね。

「ご飯にかけるラー油」とか「ご飯にかける焼肉のタレ」ならわかる。
だけど、ご飯にかけるチョコレートに関してはまったくわからない。味が未知数すぎる。


△フタにはチョコ味噌の文字

あー、なんだ。チョコ味噌かぁ〜。

いや、チョコ味噌って!
「ご飯にかけるチョコ」ってだけでわからないのに『チョコ×味噌』もまったくわからない。

謎は深まるばかり……




フタを開けると、見た目は確かにチョコっぽい。
しかし、その100倍くらい強い甘めの味噌の匂いが鼻を通過していく。
嫌な匂いではない。よく嗅ぎ慣れた味噌の香りだ。



箸を入れるとそこそこ粘り気が強い。あんこみたいなかんじ。
もしかしたら、ご飯にかけるとおはぎのような味になるのかもしれないな。



◇ご飯にかけるチョコを早速ご飯にかけみた!



「ご飯にかけるチョコレート」を、ご飯にのせてみました。
見た目は、なんというか。アレに見える。アレに…



よーく見てみると…
ご飯の熱でチョコが溶け始めている



それではいただきます。



あれ?味噌の味しかしない。
チョコレートは、軽い匂いだけ。存在感の順位はかなり後ろの方かもしれない。



あっきた。きた。後からチョコがきた!
レース後半でチョコレートが4馬身後ろからものすごい勢いで追い抜いてきた。

くぅ〜〜。
チョコの甘みと味噌のしょっぱさ、ご飯の食感と熱が口の中で殺しあってる。

言葉では決してうまく表現できないけど、人類には早すぎたのかもしれない。



△Youtubeチャンネルでも紹介しました~!





○この商品の情報

 
買える場所 : 喜代屋ホームページ
買える時期 : 一年中
値段 :  486円

▽この記事を書いた人
image「矢崎 智也」
へんてこグルメガイドの管理人。ジャイアントカプリコが好きすぎるので死後はあのチョコの部分に練りこんでいただけるとありがたいです。
Twitter→@yzktmy827   他の記事→矢崎の記事

・・・・コチラもお願いします ↓・・・・

8tUVhKYH9i8drJl1492582703_1492582721
 ↑へんてこグルメガイドのLINE@です。         
*スマホからタップするだけで登録できます。       
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・