◇2度づけ厳禁の焼き鳥屋!武蔵小山の「鳥勇」に行ってきた! 


2017-04-08-17-51-12


2度づけ厳禁の焼き鳥!武蔵小山鳥勇に行って来た。

こちらのお店はカウンターのお皿においてある焼き鳥から、お客さんが勝手にとって自分でタレをつけて食べる。
お金は焼き鳥の本数を申告することによってあとで会計。
カウンターが狭いので客が多い時には先頭に立って食べる人を一定間隔でリボルバー式に入れ替えながら食べる。
そんな長篠の戦いのような戦法のお店だった。


◇武蔵小山の鳥勇はうまい!安い!面白い! 


2017-04-08-17-49-31

どうも、へんてこグルメガイドの八坂です。
今回は2度づけ厳禁の焼き鳥屋さんがあるって話を聞いたので武蔵小山まで行ってきました。
2度づけといえば、串カツ屋が食い逃げよりも嫌う行為。
2度付け禁止の文字はよく串カツ屋で店名よりも大げさに書かれているのを見るけれど、焼き鳥屋で見ることはまずない。
その前に、焼き鳥屋で自分でタレをつけさせてくれるようなお店というのはみたことがない。


image

鳥勇の店頭にはおいしそうな焼き鳥が並んでいる。
この写真だけでもご飯一杯は食べれそう。


どうやって注文したらいいかわからず、戸惑っていると常連の方がいろいろと教えてくれた。 


2017-04-08-17-52-27

鳥勇にはお持ち帰りと店内(カウンターで立ち食い)で食べるの二通りがあり、
カウンターで食べる場合にはまず最初にドリンクを一杯注文する。


image

そうすると白い皿をもらえる。コレがめちゃくちゃ大事なアイテム。
どれくらい大切かというとゼルダの伝説でいうマスターソードくらい大切なアイテムなのだ。
これはカウンターで食べますよという証となる。
これがないと自分で焼き鳥をとってタレにつけて食べてはいけないらしいのだ。


2017-04-08-17-50-36

この皿をもらったあとはこのようにカウンターに並べられている串焼きたちを、


2017-04-08-17-52-48

自由に手に取って・・・


2017-04-08-17-51-12

自分でタレにつけて 


2017-04-08-17-53-15

…食べる。 


2017-04-08-17-59-46
△タレがつくとキラキラと輝く黄金の焼き鳥になる。 
見た目も美味しそうですが、食べると見た目の倍ぐらいは美味しいですわ。 

焼き鳥はじゃんじゃん売れていくもんだから、店内では店員さんが3人がかりでバンバン焼いていた。
そんなもんだから手に取る焼き鳥はみんな焼きたて、鶏皮なんてパリパリで美味しかった。


2017-04-08-17-55-44

何度もいうけれど2度付けは絶対にダメ 。


image

メニューは全品150円
うなぎはおいしすぎて開店直後に行かないとすべて売れてしまうんだそうだ。 


2017-04-08-17-55-19

そうこうしていると徐々にお客さんが増えてきた。
常連のおっちゃん曰く、カウンターが狭いので客が多い時には先頭に立って食べる人を一定間隔でリボルバー式に入れ替えながら食べるんだそうだ。
なんとも、武田信玄を負かせそうな戦法のお店だなぁ。


2017-04-08-17-56-35

会計方法は、店員さんに「串〇〇本とドリンク〇〇です」と申告し、
食べた串の本数を見せてお金を支払う。


近くに超巨大パフェの「王様とストロベリー」や銭湯なのにもかかわらず2つの天然温泉に入ることができる「清水湯」などもあるので、一緒に回って武蔵小杉全体を楽しんでみるのも面白いかもしれません。





◯お店の情報

店名:「鳥勇 駅前店 」 
住所:東京都品川区小山3-24-7
座席:なし
電話:03-3788-3458
営業時間:11:30~21:00
定休日 :一応無休
予約方法:なし
関連サイト:食べログ


▽この記事を書いた人
image「八坂 カズトシ」
へんてこグルメガイドの管理人。ジャイアントカプリコが好きすぎるので死後はあのチョコの部分に練りこんでいただけるとありがたいです。
Twitter→@yzktmy827   他の記事→八坂の記事

・・・・コチラもお願いします ↓・・・・

8tUVhKYH9i8drJl1492582703_1492582721
 ↑へんてこグルメガイドのLINE@です。         
*スマホからタップするだけで登録できます。       
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・