◇銀座の「カフェ・ド・ランブル」では卵黄入りコーヒーが飲める。


DSC09433

コーヒー入れるものといえば砂糖やコーヒーフレッシュ、牛乳あたりを想像する人が多いと思う。
ちょっと変わり種で練乳やハチミツがあるのを聞いたことがある。
そうはいってもだいたいミルク系か砂糖系であると思う。
そんな中、銀座の「カフェ・ド・ランブル」では卵黄が入ったコーヒーが飲める。


◇銀卵黄入りコーヒーはクリーミーな飲み心地!


DSC09427

どうも、へんてこグルメガイドの八坂です。

僕はコーヒーが好きで1日1リットルくらいコーヒーを飲むコーヒー中毒者でありまして、そんな飲むもんだから味やうんぬんは一切気にしていないのですが、たまにちょっと美味しいコーヒーや変わったコーヒーを飲みたくなるのであります。

「カフェ・ド・ランブル」はそんな時に銀座で見つけたお店。


DSC09477
△看板にはコーヒーだけの店と、かなりストイックなコーヒー好きが集まっていそう。
お店の前を通るだけで香ばしいコーヒーの香りが香ってくる。


DSC09476

銀座という超一等地でありながら店内には焙煎のスペースも設けるほどの力の入れっぷり。
調べたところ「カフェ・ド・ランブル」は1948年創業。
創業者はコーヒー界では知らぬ人がいないくらいの偉人なのだそうです。



DSC09472

DSC09438

お店の様子はかなり古めかしいレトロな雰囲気のある純喫茶。
普段はチェーンのカフェにしか行かないので、こういうところでゆっくりコーヒーを飲むのも新感覚かもしれない。


image

メニューはずらりとありますがここは「コーヒーだけの店」。表の看板に偽りなし。
すべてがコーヒーなのであります。菓子や食事は一切なし、とてもストイックなコーヒー屋さんだ。


DSC09433

卵黄入りコーヒーの名前は「カフェ・ウフ」
店員さんいわく「かなり甘いですけどいいですか?」「早く飲まないと固まってしまいます」とのこと


DSC09446
一見、カフェオレみたいに見れるけどよく見ると黄色味がかかっている。


DSC09469

ゆっくり写真を撮っていたらホットミルクのように表面に軽く膜ができてしまった。
これを掬ったら湯葉みたいになるのだろうか…


DSC09471

一口飲むとキリリと苦い。そのあとにコーヒーの酸味と甘さが伝わってくる。
飲み心地はまろやかでかなりクリーミー。ミルクを入れたときのようなクリーミーさだけどその何倍も濃厚だ。
他の食べ物で例えると、練乳とプリンの間の味がする。

毎日というわけではないが、たまにはこのようなコーヒーも面白いね。





◯お店の情報

店名:「カフェ・ド・ランブル」 
住所: 東京都中央区銀座8−10−15
座席:22席
電話:03-3571-1551
営業時間:[月~土]12:00~22:00(L.O.21:30)[日・祝]12:00~19:00(L.O.18:30)
休業日 :無休
予約方法:できるか不明
関連サイト:HP


▽この記事を書いた人
image「八坂 カズトシ」
へんてこグルメガイドの管理人。ジャイアントカプリコが好きすぎるので死後はあのチョコの部分に練りこんでいただけるとありがたいです。
Twitter→@yzktmy827   他の記事→八坂の記事


・・・・コチラもお願いします ↓・・・・

8tUVhKYH9i8drJl1492582703_1492582721
 ↑へんてこグルメガイドのLINE@です。         
*スマホからタップするだけで登録できます。       
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・