◇野方の基順館がアツい!おっちゃんと食べ放題を楽しむべし


2017-06-08-00-00-04
  
どうも、へんてこグルメガイドの八坂です。 

今回紹介するのは野方にある「基順館」という焼肉屋さん。
ここの2000円の食べ放題コースが肉の山盛りがどんどんと出てくるし、おっちゃんの電卓芸も面白いしでかなりいい所でした。
おっちゃんの接客や山盛りの肉盛りも「楽しくお腹いっぱい食べてほしい」という気持ちで支えられていてとても気持ちがよかったです。 



◇おっちゃんもの電卓芸が面白い!基順館は野方一のホットスポットだ。



2017-06-07-19-27-05
△なかなかの年季をおびた風格の個人店。

これが基順館。西武新宿線の野方駅から徒歩五分。
野方ってなかなか東京の人でも知らない人が多いと思うんですが、高円寺駅からも一駅分くらい歩けば行けるし飲み屋も多くて使い勝手のいい駅なんですわ。


2017-06-07-19-25-42
△焼肉食べ放題、一人様より2000円(2160円)

個人店には珍しく食べ放題をやっている。 しかもかなり安い!



こちらが基順館のお店の中のようす。
地域の人に愛されているお店のようで近くから来ました感のあるラフな格好のお客さんが多い。
もちろん僕のような一見さんも何組かいたので気楽に足を運んでほしい。


△カメラを向けると照れながらお茶目にピースをするマスターのおっちゃん。

最初に紹介しておくと、こちらの人懐っこい笑顔でピースをしているおっちゃんが基順館のマスター。
お店に入るとこのおっちゃんがふらりと現れ他愛もないトークや電卓を使った数字ゲームなどをしてお客さんを楽しませてくれる基順館のミッキー的存在だ。


△電卓を打つ僕の友人。

僕らが席に着くと、ふらっと、どこからともなくおっちゃんが現れ「お客さん初めて?食べ放題やるんだってね?がんばってね」と声をかけられた。
こちらが「はい」と答える合間も与えず「それじゃ電話の電卓出してよ!」と僕らにスマホを出させる。

「それじゃ次に言う数字を入れてってね」と、おっちゃんに言われるがままに数字をポチポチと入力していく、

一通り打ち終わると「でた?それがあなたの誕生日ね」とマスター。



実際、10日くらい違ったけど誤差の範囲内として、うんうんとうなづく。

次は「電話番号をあてるから」とおっしゃる。
こちらも電卓を使った電卓芸。目当ての女の子がいる合コンにもってこいの芸だった。

それからもおっちゃんの話はまだまだ続く。


そんなもんだから、なかなか肉をもってこない!
このおっちゃんのトークタイムは制限時間に含まれないそうだが、焼肉食べ放題と聞いてお腹をすかしにすかした僕らをじらす!じらす! 
まるでご飯を目の前にお預けをくらった犬のような目でおっちゃんを見つめる。


「おっちゃんもう肉を食わせてくれよぉ〜」と心の中の声が絶好調になった時。

「がんばってね」と最後に念を押すように言って去っていった。
これまでに「がんばって」と4回は言われたのだけれど、その時はまだ「がんばってね」の意味を理解できていなかった。






◇2000円で塊魂みたいな肉が出てくる食べ放題コース!


食べ放題話2000円で90分でラストオーダー、席は120分まで。

食べ放題のメニューは

・ライス
・タン
・カルビ
・ロース
の飯1種類に肉3種類。
他にも野菜やサラダも付いてくる。

食べ放題を注文すると最初に3種類の肉と野菜やサラダがでてくる。
その後に自由な注文ができる。



最初にハラミ。なんか塊魂みたいな肉が出てきた。
あまりの想像を超える大きさに一同げらげらと大笑いをしていると



同じくらいのボリュームの牛タンが運ばれてきた。



ロースも山だ。



あっという間にテーブルの上には華やかな肉の山脈が連なる。
食べ放題コースにすると最初に野菜や安い肉を沢山出して客のお腹をいっぱいにしてしまおうとするお店があるが、基順館はいきなり主力艦隊をぶつけてきた。

肉が出揃ったあたりで「もったいないから残さないでね〜。最初はみんな口数が多いけど、最後の方は少なくなってくるのよ〜」とおっちゃんが顔を出す。
これで普通のお店なら40人前くらいになるそうだ。 



△タンは分厚い。



肉はめちゃくちゃうまい。

なんたって、好きなものは何ですか?聞いたときに「焼肉!」と間髪入れずに答えてくれるほど焼肉好きのおっちゃんのお店だ。
まずいわけがなかろう。






ハラミもご飯に合う。
脂の量も多すぎず少なすぎず程よい脂の乗り具合。


2017-06-08-00-00-05

肉はどれもうまいのだが、ただ量が多いために焼いても焼いても全然減らない。


2017-06-07-23-59-01
△大の男が3人が数十分かけてようやく半分くらい食べられた。

ここまで食べて「頑張ってね」ということがどういうことかようやく理解ができた。
この量は頑張らねば食べきれない。

ちょくちょくおっちゃんが現れて「もったいからね」とおっしゃる。
罰金はとらないみたいだがしきりに「もったいない」という、金銭面ではなく道徳面の圧力をかけてくる。 

しかも、とても楽しそうに……

あれ?もしかしてこのおっちゃん。
僕らが目を白黒させて肉を食べているのを楽しんでいるんじゃああるめぇな?


◇まとめ


すげー濃いおっちゃんが濃厚に絡んできてくれるので飯を食っていて飽きさせません。
ただ量が多い。 最初に「少なめで!」といえば肉の山を少なくしてくれるらしいので絶対に忘れないでください。

大食いの自信があるのであれば最初から飛ばしてみるのもいいでしょう。

いろいろ書きましたがここのおっちゃんの接客や山盛りの肉盛りも「楽しくお腹いっぱい食べてほしい」という気持ちのあらわれなので、とても気持ちがいいです。


◯お店の情報

店名:「基順館」 
住所: 東京都中野区野方5-18-4
座席:18席 
電話:03-3339-9495
営業時間:17:00~翌0:00(L.O.22:30)
休業日 :月曜
予約方法:電話
関連サイト:食べログ


▽この記事を書いた人
image「八坂 カズトシ」
へんてこグルメガイドの管理人。ジャイアントカプリコが好きすぎるので死後はあのチョコの部分に練りこんでいただけるとありがたいです。
Twitter→@yzktmy827   他の記事→八坂の記事



・・・・コチラもお願いします ↓・・・・

8tUVhKYH9i8drJl1492582703_1492582721
 ↑へんてこグルメガイドのLINE@です。         
*スマホからタップするだけで登録できます。       
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・