◇「つりぼりカフェ Catch and Eat」 は釣った魚をその場で食べられるおしゃれカフェだった。

image

どうも、へんてこグルメガイドの八坂です。


今回は吉祥寺の「つりぼりカフェCatch and Eat」という、名前の通り釣った魚をその場で食べられるカフェにいってきました。釣れる魚はニジマスで5匹までなら揚げ物にしてくれる。釣り堀っていうとおっさんのイメージがあるけど、めっちゃおしゃれで驚いた!



◇「つりぼりカフェ Catch and Eat」が想像よりもおしゃれだったよ!

DSC01977

「つりぼりカフェ Catch and Eat」は吉祥寺の北口を出て5分ほど歩くと見えてくる。
こちらのカフェは2017年の 7月に出来たばかりで、吉祥寺ユーザーでも知らない人が多いし、ネットにも情報が少ないので来るときには迷わないように気をつけてください。


DSC01982

店内にはエビ用の掘りが1つと魚用の掘りが2つ。 



魚たちは全員そろって右回りに泳ぎ、何かあるたびに、わちゃわちゃとごった返していた。
全員が隊列を組みビクビクしながら同じ動きをしている様は新入社員を見ているみたい。



打って変わってエビはどっしりと構え、ちっとやそっとじゃ動きません。
その風貌は窓際の熟年社員のようだ。


image

釣り堀というとおっさんの溜まり場のイメージがあるけれど、店内はおしゃれな作りになっている。
そのおしゃれさは、おしゃれカフェ激戦区の吉祥寺の中でも他のカフェに見劣りしないレベルだ。

女の子も三人に一人の割合でいた。



竿や餌など、もろもろの用具は無料でレンタルできる。
手ぶらでいって手ぶらで帰れる。
釣り料金は1時間で1500円、釣れる魚はブラウントラウトとニジマス、その他にテナガエビが釣れる。
時期によっては他の魚を入れる時もあるんだそうだ。



△針外しと練り餌。

餌は練り餌だから虫がムリな人でも大丈夫! 

あとは餌をつけて…




生け簀に放り込んで待つだけ。



糸を垂らすと、芥川龍之介の蜘蛛の糸みたいに我先にと魚たちが群がってくる。 

そのため初心者でも、ぽんぽんと食いついてはくれる。
しかし、食いついてからが腕の見せ所、針を魚にひっかけるのが思いの外難しい。
魚たちも命懸け。餌をつっついて針から外して食べたり、くわえたと思ったら吐き出したりと一筋縄にはいかない。


DSC02016

開始10分、1匹目が釣れた!



最初に釣れたのは10センチくらいのブラウントラウト。ヨーロッパ原産のマス科の魚であります。
癖がなくて淡白な白身が人気。


DSC02084


続いて釣れたのは13センチくらいのニジマス。
北アメリカ原産の渓流の釣り堀やレジャー施設では最も有名なマス科の魚。 
こんな大きさでもかなり引きが強いし暴れまくる。 


2017-07-16-19-29-17
△2匹くらいつるとコツがわかってきてどんどん釣れるようになる。

「いやーん、お魚触れないー」という方も安心。針には返しがついていないので、針外しでちょんとするだけで外れる。
そもそも、マス科の魚は人間の体温で火傷をしてしまうからこのお店では食べる魚以外に触れるのは禁止なのだそう。 



△つぶらな瞳が可愛い。


DSC02133

釣れた魚は"すかり"と呼ばれる網に入れておく。
結果として1時間で8匹ほど釣れた。釣った魚は5匹まで食べられるんだけど、食べきれるか不安だったので4匹に抑えて他はキャッチアンドリリースしておいた。






◇ 釣った魚をあげものにして食べよう!

時間になると網ごと回収され、調理してくれる。


2017-07-16-19-38-52

小さめのは天ぷらにしてくれた。
天ぷらだから骨ごと行けちゃうし、新鮮だからまったく苦味がない。

大きいのは唐揚げに。
この大きさのものは揚げ物にするのが一番美味しいのだそうだ。
これ以上大きくなると塩焼きが美味しいのだそう。


2017-07-15-20-44-07

言わずもがな新鮮だ。
ブラウントラウトかニジマスかはわからなくなっているがどちらだったとしても、タンパクで臭みがない。
クセがないだけでなく、身がホクホクしている。 

釣ったばかりということで魚の味は薄めだが、自分の釣った魚を食べるという特別感を味わいたい人は是非〜!
泳いでいる魚を見ているだけでも幸せな僕としては一日中居ても飽きないカフェでした。



◯お店の情報

店名:「つりぼりカフェ Catch and Eat 吉祥寺店」 
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-23-3 とみふくビル 2F
座席:けっこう多い
電話:090-1213-6559
営業時間: 平日 15:00-23:00 土曜 12:00-23:00  日曜祝日 10:00-22:00
定休日 :ー
予約方法:電話
関連サイト:ブログ

▽この記事を書いた人
image「八坂 カズトシ」
へんてこグルメガイドの管理人。ジャイアントカプリコが好きすぎるので死後はあのチョコの部分に練りこんでいただけるとありがたいです。
Twitter→@yzktmy827   他の記事→八坂の記事

・・・・コチラもお願いします ↓・・・・

8tUVhKYH9i8drJl1492582703_1492582721
 ↑へんてこグルメガイドのLINE@です。         
*スマホからタップするだけで登録できます。       
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・