◇脂マシマシはラーメンの専売特許じゃねぇ!脂マシマシカレーもあるぞ!


二郎系で多くの人がコールをする魔法の言葉「脂マシマシ」
重量感のある二郎系ラーメンをさらに深みを増させるそのワードは、二郎系ラーメンが好きな人は必ず唱えたことがあるだろう。

しばらくラーメン屋でしか聞かなかったこのワードだが…

今やその『背脂マシマシ』は今やラーメンの専売特許ではなくなった!
カレーにもあるのだ!「背脂マシマシカー」なるラーメンに脂ぶっかければ美味いんだからカレーにぶっかけても美味いんじゃね?という単純にして最強の考えの食べ物が!




◇脂マシマシカレーを楽しもう!



背脂マシマシカレーが食べられるのは新宿のカレーハウス「11イマサ」
新宿の京王モールの地下一階、駅から直通の場所にある。

京王モールの中にあるから、新し目のチェーン店なのかと思いきや1964年創業の由緒あるカレー屋さんだった。


△おー、あったこれこれ、食べたかったやつ!



背脂カレーの値段は650円、さらに背脂マシマシにするには30円かかる。

サラリーマンやギャルが飯を食っている中、席に座り食券を店員に渡し「背脂マシマシで…」と背脂コールをすると、店員にそれじゃ「30円ね」と言われお金を支払った。

うん、お金を追加で払う以外二郎系ラーメンとほぼ変わらないオペレーションだ!



注文して5分…
来た!背脂マシマシカレーだ。



ルーの上にはびっちりと背脂が浮いている。



他のカレーライスはおよそ平皿で提供されていたが、脂増し増しカレーだけは丼に入れられての登場だ!



1、2ミリの厚さで脂の層ができている。
背脂の旨さを知ってしまったコレステローラーは絶対に逃れられない悪魔的な魅力がこの層から放たれている。




ご飯の上には豚肉が散りばめられている。




食べてみると、思いの外にぎとぎと感はない。
脂と聞いてけっこう身構えて行ったんだけど、パクパクと食べれてしまうほどさっぱりしている。

もともとのカレーの味がしっかりしているためまったく背脂に違和感を持たずに食べられてしまう。

なしなしだと思って行ったら全然ありありなカレーだった。





▽この記事を書いた人
image「八坂 カズトシ」
へんてこグルメガイドの管理人。ジャイアントカプリコが好きすぎるので死後はあのチョコの部分に練りこんでいただけるとありがたいです。
Twitter→@yzktmy827   他の記事→八坂の記事



・・・・コチラもお願いします ↓・・・・

8tUVhKYH9i8drJl1492582703_1492582721
 ↑へんてこグルメガイドのLINE@です。         
*スマホからタップするだけで登録できます。       
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・