「ノングインレイ」で竹蟲を食べてきたよ!


P3290054

「ノングインレイ」は、高田馬場駅前のディープなお店が並ぶ建物の中にあるミャンマー料理屋さん。
このお店は、『竹蟲』という芋虫の素揚げを出すことで、珍食好きの人からとても人気の高い店だ!


P3290055

実はこのお店は昔一度、竹蟲を食べに行ったことがある。

その際、竹蟲を注文したところ店員さんに「竹蟲はないけど、セミならあるよ」といわれた。
こちらは、竹虫が食べてみたいわけで、虫なら何でもいいわけではないんだ。


P3290016
△おすすめが、普通に人におすすめしたらドン引きされそうなものばかり…

今回、予約の時に竹蟲があるか確認したら、今が旬なんだって。
虫にも旬とかあるんだね!


P3290003
△メニューにもちゃんと虫料理が載っている。

おふざけでやっているお店はたくさんあるけれど、こちらではガチで食べている人たちが作っている。
どこよりも本格的な虫料理なのだ!



annno
△現地の文字だろうか、アンノーンみたい。

とか思ってたんだけど、隣のミャンマー人のお客さんに話を聞いたところ、現地の人でもあんまり食べないんだって!
じゃあこの虫料理はなんなんだ…




◇早速ですが、竹蟲を注文してみた!


P3290019

出たー!

芋虫を想像したときに真っ先に浮かぶあのフォルムが大量にお皿にのって出てきた。



P3290020

香ばしい香りがする!
芋虫という認識さえしなければ美味しそう!

実家の裏に竹藪があってよく切り倒したりしていたけど、こんな虫が出てきたことなんてなかったよな。



20180329_105118556_iOS

食べてみると意外といける!
イメージとしては、かっぱえびせんを食べているかんじ。
いなごがエビの風味に似ているって聞いたことあるし、同じ虫を素揚げにするとえびせんみたいな味になるのも納得だな。

ただこれ(900円)を食べるならカッパえびせん(100円)を食べたい!




◇ 「ノングインレイ」は孤独のグルメにも出ている名店だ!

P3290029

その他にも、ちゃんとしたメニューもあるよー!
「ノングインレイ」は、孤独のグルメにも出ている名店で、料理もミャンマーの独特な雰囲気を感じられる美味しさがある!



▽この記事を書いた人
image「矢崎 智也」
へんてこグルメガイドの管理人。ジャイアントカプリコが好きすぎるので死後はあのチョコの部分に練りこんでいただけるとありがたいです。
Twitter→@yzktmy827   他の記事→矢崎の記事

・・・・コチラもお願いします ↓・・・・

8tUVhKYH9i8drJl1492582703_1492582721
 ↑へんてこグルメガイドのLINE@です。         
*スマホからタップするだけで登録できます。       
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・