◇擬態度カメレオン級!日本よ!これが大人の隠れ家だ!


IMG_0694

どうも、へんてこグルメガイドの矢崎です。

今回は、横浜、野毛の飲み屋街にぜっっったい見つけられないバーがあるって話を聞いてやってきました。
実は、この写真の中にそのバーば写り込んでいるのですが、どこかわかりますでしょうか?

ちょっと写真をじっと見て考えてみましょう。


IMG_0695_LI


正解は…コレ!


IMG_0696

そう、コレ!
飲食店の雰囲気もなければ、看板もない。
しかも、ボロいなんてもんじゃないオンボロだ。
お店の前に行くとまず、営業してんのか?なんらかの経済的な活動をしているのか?という疑問が頭に浮かんだ。


IMG_0702

IMG_0705

なんなら扉に「理容院」って書いてある。
ちゃんと教育を受けていれば100パーセント床屋だと思う。むしろそう思わなきゃおかしい。

こういうクセ強めの床屋は、一回入ったが最後、とんでもない角度の角刈りにされるか刈り上げにされるかに相場が決まっている。
そんな地域のヤバ目の床屋にしか見えない。


IMG_0709

でも、これBARなんすよ。
僕だって、扉を開けるまでは信じられなかった。
絶対に理容院だし、営業してる風にも見えなかった。





◇全然理容院じゃない!BARだ!めっちゃおしゃれなBARだ!


IMG_0734


入ってみたらこれが驚き!
床屋じゃねえ!ちゃんとBARだった。
なんだこの不思議空間は!しかも見てくれとは打って変わっていい雰囲気。



IMG_0733

カウンターではダンディーなおじさま達が語らい、テーブルではロウソクが灯っていた。


FullSizeRender
△メニューはうちわに書かれている!小粋だ。


FullSizeRender

ドリンクは1杯700円で、チャージなしのキャッシュオン。
一見さんお断りとか、そういう難しいルールはない。



IMG_0728
△レトロな雰囲気が最高だね!

これは、いい雰囲気。
隠れ家BARというのは沢山あるけれど、ここまでジャングルの蝶が如く他のものに擬態しているBARはあまりない。
なんというアミューズメントな作りをしているのだ。



◇トイレがすごい。戦前かよここは!

IMG_0750 (2)
△トイレは一度外に出て、別の扉から入る。

「日の出理容院」の素晴らしいところは、見てくれと中身のギャップだけではない。
トイレに行く道がすごいのよ。トイレに行く道が!


IMG_0739


IMG_0737 (2)

もう、スリッパがある処もレトロな感覚がたまらないんだけど、
その先にある廊下が、もうトキワ荘だ。


IMG_0742 (2)

伸びる廊下には様々な住人?の荷物が置かれ、柱の古さや壁の古さも相まって、とんでもないレトロな温もりが漂っている。
なんというか、こういうのたまらんなぁ。


※不定休で休みが多めのようなので、野毛に行ってやっていたらラッキーという気持ちでいきましょう。



▽この記事を書いた人
image「矢崎 智也」
へんてこグルメガイドの管理人。ジャイアントカプリコが好きすぎるので死後はあのチョコの部分に練りこんでいただけるとありがたいです。
Twitter→@yzktmy827   他の記事→矢崎の記事

・・・・コチラもお願いします ↓・・・・

8tUVhKYH9i8drJl1492582703_1492582721
 ↑へんてこグルメガイドのLINE@です。         
*スマホからタップするだけで登録できます。       
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・